スタッフブログ

最初は期待していた物と違っていたのでウーンって感じでしたが、時間が経って冷静になってくると十分アリかなと思ってきました。

まず値段が安いですよね。10インチ位のデジタルフォトフレーム(Sony DPF-X1000)の値段が30,000円位するのを考えると、50,000円位なら「iPad」かなりお買い得ですよね。うち両親とかには十分な機能だと思いますし。

iPad

Flashはサポートして欲しかったです。HTML5を普及させたいというAppleの意向だと思いますが、FlashをiPadに乗せないってかなりの荒技な気が…。マルッと切り替わることは難しいのではと思っています。

ただAppleが開発しているという噂のHTML5向けのオーサリングツールは気になります。これは是非出して欲しいですね。

かつてiMacでUSBを採用してレガシーインターフェースを一掃した過去があるから、もしかしたら一気にHTML5になるのかもしれませんね。
iMacはフロッピーディスクも不採用で、当時はかなり叩かれていましたが、フロッピーもその後、割と早く市場から消えましたし…

結局のところ、なんだかんだ言いながらも、いつものごとく発売されたら買ってしまいそうです。
ただかなり大きいので、外に持ち運ばず室内で無線LANで使用する、非モバイル用途になると思います。


前後の記事


最後までご覧いただきありがとうございます!

もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページでお困りのことはございませんか?

ホームページのリニューアルや新規WEBサイト制作など、あなたのアイディアをお聞かせください。
そのアイディアを当社の技術で形にします。ホームページ制作をご依頼されるのが、初めての方でも丁寧に対応いたしますのでご安心ください。
お見積もり・ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP