スタッフブログ

WordPress(ワードプレス:WP)のテンプレートを見るとヘッダーテンプレート、フッターテンプレート、サイドバーテンプレートを「php get_header();」や「php get_footer();」や「php get_sidebar();」などで読み込んでいますよね。

CMSとしてWordPressを利用する場合、ページによってサイドバーテンプレートを使い分けたい場合など多いかと思います。先に「php get_sidebar();」を少し補足しておくと、このタグを記述すると現在のテーマディレクトリから sidebar.php ファイルを読み込みます。

「php get_sidebar();」ですが、パラメータとしてサイドバーテンプレートのファイル名(sidebar-この部分.php)を指定することが出来ます。例えばsidebar-blog.phpという別のサイドバーテンプレートを読み込ませる場合は「php get_sidebar('blog');」と記述します。この辺は重宝する機能かと思います。

CMSとして使う場合、任意のファイルを読み込ませたいケースもありますよね。
下記のタグを使えばヘッダー、サイドバー、フッター以外のテンプレートパーツをテンプレートに読み込ませることも可能です。

「php get_template_part( $slug, $name );」

以下、覚え書きです。

■loop.phpを読み込む場合

<?php get_template_part( 'loop' ); ?>

■loop-search.phpを読み込む場合

<?php get_template_part( 'loop', 'search' ); ?>

WordPress3.0以前を使っている場合は下記の記述でも任意のテンプレートファイルを読み込むことができます。

<?php include( TEMPLATEPATH . '/sample.php' ); ?>

 

下記サイトを参考にさせていただきました。
WordPress Codex日本語版
WordPress 私的マニュアル


前後の記事


最後までご覧いただきありがとうございます!

もしよろしければ、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページでお困りのことはございませんか?

ホームページのリニューアルや新規WEBサイト制作など、あなたのアイディアをお聞かせください。
そのアイディアを当社の技術で形にします。ホームページ制作をご依頼されるのが、初めての方でも丁寧に対応いたしますのでご安心ください。
お見積もり・ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP