スタッフブログ

2012/10/01

Google Analytics(アナリティクス)で、トラフィックのレポートでキーワードを確認していると(not set)や(not provided)という何だか良く分からない単語が表示されていることはありませんか。なんとなくキーワードが分からない場合の表記という感じはすると思うのですが、(not set)と(not provided)は実はそれぞれ意味合いが異なります。

(not set)とは

この(not set)は、単純に分からなかったという意味になります。
考えられるケースは「検索エンジンの検索結果ページ以外からの訪問の場合」や「訪問時にリダイレクト等で参照元の情報を取得できなかった場合」や「バナー広告からの流入」などになります。

(not provided)とは

こちらの(not provided)は、Googleが教えてくれなかったという意味になります。

Googleの検索セキュリティが強化されSSL検索が導入されています。どういう状態かというとGoogleアカウントを持っていて、ログインしている状態でGoogle検索した際、検索クエリが暗号化されます。アクセス解析ツールにキーワードデータが受け取れないということになります。

現状この(not provided)を調べる方法はないようなので、どうにも出来ないのがもどかしいですよね。

ちなみにトラフィックの参照元/メディアに表示される「organic」と「referral」の意味はご存知ですか。

「organic」とは、検索エンジン経由のユーザーなります。例えば「google / organic」はGoogle検索から訪問してきたユーザーで「yahoo / organic」はヤフー検索から訪問してきたユーザーです。

「referral」は、あるウェブサイトからのリンクをたどってやってきたユーザーをになります。

(direct) / (none)というものもありますが、こちらはダイレクトというだけあって「URLの直入力」や「お気に入りからの直接アクセス」になります。

下記のサイトを参考にさせていただきました。
カルテットコミュニケーションズ様



2011/03/11

Googleサイトリンクは、Googleの検索結果の下部に表示されるサイト内リンクのことです。当然無いより有るほうがクリック率の上昇が期待できるので良いと思われますが、自分で自由に表示されることは出来ず、Googleのアルゴリズムにより自動生成されます。

Googleサイトリンク

「ウェブマスター向けヘルプ センター」では、以下のように説明されています。
サイトリンクは、ユーザーの役に立つと Google が判断した場合のみ、検索結果に表示されます。サイトの構造が原因で Google のアルゴリズムが適切なサイトリンクを見つけることができない場合や、サイトリンクとユーザーのクエリに関連性がないと思われる場合、サイトリンクは表示されません。

少し調べてみたところ、Googleサイトリンクの表示条件は以下のようになっているみたいです。

続きを読む



2011/02/04

サイトリニューアルをして、ページのURLが変更になっていたり、ドメインが変わっていたりするとユーザがページを閲覧した際に「page not found(ページがみつかりません)」という状態になってしまいます。リンク切れはSEO的にもユーザビリディ的にも良くないですよね。対応方法としてリダイレクトがあります。

リダイレクトは、あるURLにアクセス時に別のURLへ自動的に転送することです。
こちらを利用して、ブックマークから移動してきた場合や、サーチエンジンの検索結果から移動してきた際のリンク切れを防止可能です。

方法としては「metaタグに記述する方法」や「Javascriptによる手法」もありますが、WebサーバーにApacheを使っている場合は「.htaccessファイル」で設定する方法が便利かなと思います。

続きを読む



2010/10/15

SEO対策ではないかもしれませんが、Googleプレイスは、GoogleとGoogle マップの検索結果画面に、お店やサービスの情報を無料で掲載することができるサービスです。

なかなか検索結果の上位に表示させることは難度が高いので、簡単な登録手続きだけで自社を宣伝いただけるのはありがたいですよね。登録はgoogleプレイスでメールアドレスなど必要事項を入力します。

電話またはハガキでの所在の確認が必要になります。私の場合はハガキを選択しました。送られてくるハガキにPINが記載されていますので、googleプレイスにログインしpinを入力しますと、数日で反映されると思います。

続きを読む



2010/08/24

dmozは、エディタと呼ばれるボランティアで運営されている世界的に最も影響力をもつディレクトリサイトです。 エディタによって厳選されたWebサイトがdmozに掲載されることになっており、大規模な検索エンジン、ポータルサイト、ディレクトリサイトへの情報の供給元となっています

googleディレクトリはdmozを元データにしており、dmozに登録されるとGoogleディレクトリにもいずれ反映されます。当社サイトも反映されるみたいなのですが、現状は何か効果があるのかというと特にないです。ただ嬉しいですね。

dmoz(Open Directory Project)に登録されました

続きを読む



2010/07/28

Yahoo! JAPANがGoogleの検索エンジンと検索連動広告配信システムを採用すると発表しました。 ちなみに米Yahoo!はMicrosoft提供のBingへの移行テストを行っている最中だそうです。
日本でもBIngへの移行が予想されていたので意外でしたね。

個人的には、BingよりGoogleを選択する方が良いかなと思います。どうしたって性能が良い方がいいですよね。2001年から2004年は、googleのシステムを使っていましたし…。

Yahoo! JAPAN独自の調整を加えながらGoogle の検索サービスをカスタマイズしていく方針らしいので、検索順位にも調整が加えられるのかがSEO的には気になります。移行時期はまだ決まっていないそうです。



2010/04/14

ホームページ公開から1ヶ月経過した位で、GoogleのPageRank(ページランク)が4になりました。これほど早くページランク4になると思っていなかったので驚いています。Webデザインリンク集やSixApart様など高いページランクのサイトからリンクしていただいている効果かなと推測しています。リンクいただいている皆さんには本当に感謝しています。この場を借りて御礼申し上げます。

ページランク4

ページランク4というと人気サイトに区分されるそうです。現状では申し訳ない感じがしています。今回のページランクアップを励みに、より充実したホームページにしていきたいと思います。そのためにもマメに更新していかないと…。

続きを読む



ホームページでお困りのことはございませんか?

ホームページのリニューアルや新規WEBサイト制作など、あなたのアイディアをお聞かせください。
そのアイディアを当社の技術で形にします。ホームページ制作をご依頼されるのが、初めての方でも丁寧に対応いたしますのでご安心ください。
お見積もり・ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP